考えてみよう 未来の動物たち・・・⁉

今までのサイエンスは、どちらかというと、化学や物理に寄ったことを扱ってきましたが、生物のこともやってみよう、となりました。 プログラムの第一案は、動物の分類と名前と特徴を考え、それをカルタにしてみるというのを思いつきまし […]

続きを読む


みんなで1000年後の未来をかこう~低学年*manabeeプログラム*Aチーム~

こどもの森の学びのエッセンスをお伝えする「学び場コーディネーターmanabeeプログラム」の受講者による 共育プログラムを、低学年クラスの選択プログラムの時間に実施していただきました。 5名のAチームメンバーが、何度もミ […]

続きを読む


テーマ 国際理解:「みんぱっく」を開けてみました。(高学年)

国立民族学博物館からお借りしている「みんぱっく:こどものための小さな博物館」というスーツケース2個を開けてみました。 中にはその国や地域の民族衣装や生活の道具、本などがたくさん入っていて「、実際にふれたり着たり使ったりす […]

続きを読む


テーマ学習:国際理解「ミゲルさんのペルーのお話」

ペルー出身のミゲル・ポンセさんからペルーの国についてオンラインでお話を聞きました。 南米のペルー、チリ、ボリビアなどの地域はアンデス山脈が縦に連なり、アンデス地方と呼ばれています。赤道を横切り、とても複雑な地形と気候にな […]

続きを読む


「人はなぜ、まぼろしの生き物を信じるのか?」~高学年・哲学の時間~

2学期の哲学、第2回目のテーマは「人はなぜ、まぼろしの生き物を信じるのか?」 ちょっと都市伝説的なテーマとなりましたが、これはおもしろそう! ちなみに、2学期は他に 「人を殺すのは犯罪なのに、どうぶつを殺すのは犯罪になら […]

続きを読む