絵本作家、もえぴーが来てくれたよ!~低学年テーマ~


低学年のテーマ学習。

前回の、ゲームクリエイター上江洲純平さんに続き、今日は、絵本作家のもえぴーの生き方についてお話を聞きました。
(※上江洲純平さんのお話→http://kodomono-mori.com/blog/?p=11075)

 


(ご自身の手掛けられた絵本『あかちゃんをさがしに』を読み聞かせしてくださっています)

 

 

もえぴーが絵本作家を目指すようになったのは、

 

「伝えたい!」

 

という強い気持ちがあったからでした。

 

 

自分の今までの人生の中で、苦しかったこと、驚いたことなどの経験から、それを人に伝えたいと思うようになったのです。

 

 

もえぴーは、自分の気持ちを仕事にするために、

今ある仕事の形にとらわれない、仕事は変わっていってもいい、ということが大切だと思う、と教えてくれました。

 

 

もえぴーは、絵本作家の他にも、ラジオのパーソナリティ、アニメづくり、イベントの開催など、色々な仕事で、ご自身の「伝えたい」という思いを形にされていました。

 

 

「みんなも、「やりたい!」っていう強い思いがある?」というもえぴーの問いかけに、

 

「ある!」と答える子もたくさんいました。

 

もえぴーのお話をきっかけに、自分の気持ちについて見つめ直すことができるといいなあ。

 

 

最後に、絵本付CD『僕と君の虹をわたろう』を聞かせていただきました。

 

 

自分の中の強い気持ちが仕事という形になったところに触れて、自分の仕事や、将来について考えるきっかけをいただきました。

 

 

 

(Y.I.)