ゲームクリエイター上江洲純平さんのお話~低学年テーマ~


小学部では、テーマの時間に、将来について考える学習をしています。

 

その一つとして、色々なお仕事をされている方をお招きして、どんな仕事をしているのか、なぜその仕事を選んだのか、楽しいことをは何か

などを話してもらい、将来を考えることをしています。

 

今日は、ゲームクリエイターの上江洲純平さんに来ていただきました。

 

ゲームクリエイターって、どんなお仕事?

 

まず、純平さんが実際に作ったゲームを見せていただきました。

格闘ゲームや、迷路のゲームなど・・・

子どもたちからも、「これ知ってる!」という声が。

それでは、どうしてゲームクリエイターになりたいと思うようになったのでしょうか?

 

それは、「小さいころから、ゲームをすることが大好きだったから」だそうです。

その後、ゲームを作るソフトをきっかけに、「自分でも作れるかもしれない!」と思うようになりました。

純平さんにとって、好きな仕事をすることには、ストレスが無く、自分がしたいアイディアが次々と浮かぶなど、色々と良いことがあります。

 

こどもの森でも、プロジェクトの学習がありますが、自分の好きなことを見つけて、それを仕事にできるのは良いことですね。

最後に、好きなことを仕事につなげるには、どうしたらよいか、教えてもらいました。

 

たとえば、ゲームが好きな人の場合、ゲームについて、どんなことができるか、色々考えてみます。

ゲームをつくる、ゲームを売る、ゲームを実況する、など・・・

 

そして、これらから、具体的な仕事でどんなことができるかを考えます。

 

ゲームをつくるなら、クリエイター。ゲームを売るなら、ゲームショップや営業など。

 

自分が好きなものに対して、どんなことをしたいかを考え、形にしていくことが大切だそうです。

 

実際に仕事をされている方から、大切なことを教えていただきました。

 

(Y.I.)