自由な発想を育てるオルタナティブスクール小学部

MENU

こどもの森

小学部

教育の特色

  • 自分らしく生きていく上で必要な読み書きや数量の概念、計算の技術など一人ひとりが立てた学習計画に沿って個別学習で学んでいます。

  • 自分を見つめ、自分のことを伝え、人のことを聴くことを大切にする学習です。生活の中で経験したことなどを、絵や文章で表す自由作文のほか、作品鑑賞・こども哲学などを行っています。

  • 毎学期一つの大きなテーマをみんなで追求していく学びです。
    調べたことを文章や図表にまとめたり、劇を作ったりして、みんなの前で発表します。
    関連ある施設の見学に行ったり、その分野に詳しい方からお話を聴いたりして学んでいきます。

  • プロジェクトは、やりたいと思うことをする学習時間です。子ども自身が学習計画を立て、準備し、実行します。
    スタッフは必要があれば相談にのり、援助しますが、基本は自分で進めていきます。同じことをやりたい仲間がいれば、共同でやることもできます。

  • スタッフが提案する選択制の学習プログラムで、グループで学びます。プログラムの内容には、選択する子どもの希望や意見が尊重されます。
    「英語」、「しぜん」、「からだづくり」、「音楽」、「絵をかこう」などがあります。

  • 毎朝のハッピータイムでは、家でのできごと、通学中に見たこと、昨日見た夢のこと、うれしかったことなど、みんなに聞いてもらいたいことを自由に話します。一日の活動が終わると、クラス全員で「今日の振返り」のミィーティングをします。

  • スクールワークは、みんなで協力して、学校行事やクラス行事の話し合いや準備をしていく時間です。 司会などの話し合いの進行も、子どもたちが中心になって担っていきます。どの子も、学校やクラスの一員としての自覚をもち、責任をもって担当の仕事を引き受けています。

  • 学校の行事やルールなどについて話し合います。司会や記録係などを子どもたちが担当し、何かを決めるときは、多数決によらずに、意見が一致するまでとことん話し合います。 このほかに、クラス集会や小学部・中学部集会があります。

時間割

※時間割は、年度によって一部変更されることがあります。

生徒募集要項(新1年生)はこちら   生徒募集要項(途中入学)はこちら