ユネスコ認定の学校教育

MENU

ミライの森

学校を創ろう

⾃ら⽴てた学習計画にしたがって学ぶことにより、⾃分の学びは⾃分のものだという意識が⽣まれます。⾃分のやりたいことができるプロジェクトの時間もあります。

学校⾏事や学校のルールは、⼦どもたちとスタッフが参加する全校集会で話し合われます。多数決は⾏わず、だれもが反対でない案を話し合いの中で⾒出していきます。

⾃分を⾒つめ、⾃分も⼈も⼤切にするために、対話が重視されています。毎朝のハッピータイム、⾃由作⽂や作品鑑賞、哲学を⾏うことば共同のほか様々な時間で対話が⾏われています。

ESDとは、ユネスコが推進する持続可能な社会を創るための教育です。箕⾯こどもの森学園は、2015年にユネスコスクール、2016年にESD重点校(サスティナブルスクール)に認定されています。

箕面こどもの森学園では子どもの自発的な学びを尊重し、対話・ESDの実践を行う学校づくりの支援をおこなっています。
学校づくりを目指している方、対話・ESDの実践などの導入を検討している教育関係者の方、学校誘致等を検討されている方は、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。