親子で学ぶ子育てクラス

MENU

こそだての森

⼦どもと⼀緒に育っていこう。

  • ⼦どもが⼀番安⼼できる場所、それはお家の⼈のいるところ。
    親⼦のあたたかい⼈間関係が、⼦どもを幸せな⼈⽣へと導きます。

  • 「わたしはわたしでいいんだ。
    この⼦はこの⼦でいいんだ。」
    ⾃⼰肯定感は⽣きる⼒。⼼の⼟台です。
    学校でも家庭でも、⼀番に⼤切にしたいのは、この⾃⼰肯定感なのです。

  • ⼦どもをひとりの⼈間として尊重すること。⼦どもはおとなの思い通りには育ちません。コントロールしたい思いを⼿放して、⼦どもに任せていけば、⼦どもは⾃分の⼈⽣を⾃分で切り開いていく⼈になってゆきます。

親と子の土曜クラス そら

3〜5歳のお子さんの親子対象

遊び込む、こどもたち。
「私」を取り戻していく、おとなたち。
⼦どもも⼤⼈も、⾃分が⾃分らしく⽣きられるために。
就学前のこどもと親の⼟曜クラスです。

こどもの時間
やさしく包み込まれるような自然素材のおもちゃたちが、こどもたちを待っています。
外では自然の不思議や発見にこどもの心は震えます。
自由遊びも外遊びも、お料理もにじみ絵も、今しかできない、遊びこめる時間を大切に。

おとなの時間
「わたしの自己肯定感を取り戻そう」お母さん・お父さんを応援する、子育てカフェ。
「私の好きってなんだろう?」…私らしさに気付く‘モノ作りプロジェクト’お父さんの参加率も高いです!

おやこの時間
お昼ごはん、おはなし、おわりの会は、親子のあったかい時間。

参加者の声

  • 「そら」に参加したきっかけは、『こんな学校あったらいいな』の本を読み、学園に強く興味を持ったからです。
    その頃子どもは体調がすぐれず、幼稚園に通えず寂しく過ごしていたため、月2回の「そら」の時間は、とても貴重でありがたい時間でした。
    私が感じた「そら」の魅力は、“親が自分のための時間を過ごせる”事でしょうか。
    子育て中の方は、「自分の時間なんて皆無!」という方も多いと思います。
    でも「そら」では、頭を空っぽにして自然素材での物作りを楽しんだり、昼食用の「持ち寄り野菜味噌汁」を作りながら、ママ達と情報交換し合ったりなど、素の自分に戻れるとても居心地の良い時間を過ごす事が出来ました。
    そして「子育てカフェ」のある日は、子育ての様々な悩みと、それに対する様々な考えを皆で共有し、色んな気づきを得る事が出来ました。
    あまりにも自分が楽しかったので親側の話ばかり書いてしまいましたが、もちろん子どもも「そら」の一日を存分に楽しんでいました。
    子供の幸せを願う多くの方たちが、こどもの森とご縁がつながる事を願っております。(T.Kさん)
  • そらのクラスに参加したのはちょうど子どもが年長さんの時でした。参加する少し前に妹が生まれ、環境が変わり母も子もぶつかり合うことの多い時期でした。大人の時間でほかの参加者の方と話したことが、子育てを楽にさせてくれました。みんなの話を聞く中で自分の子育ての課題が見えてきたり、ヒントをいただいたり。そらの持ち物には「レインコート」という文字が。参加した半年の間に使った回数は1、2度だったと思うのですが、雨でも自然いっぱいの公園で遊ぶ。雨だから・・・なんて言わないのです。そらは大人と子どもとそれぞれの時間で過ごすので、子どもがどれだけ何を楽しんだのかはわからないのですが、そらで過ごしたそのあとは親子共々充実感に包まれていたような気がします。(T.Oさん)

子育てカフェ

毎日、家事に仕事に子育てに、奮闘しているおかあさんを応援します!
シリーズ累計450万部突破の人気シリーズ「子育てハッピーアドバイス」(精神科医・明橋大二著)を土台に、誰もが「わたしはわたしでいいんだ」と、生き生きと自分らしく生きていけるお手伝いをします。
おかあさんがハッピーだと子どももハッピー♡もちろん、おとうさんの参加も大歓迎!!
連続参加がおススメです。お友だちと一緒に、ほっと一息しにいらしてくださいね。
認定子育てハッピーアドバイザーがお待ちしています!

参加者の声

  • 自己肯定感を育む聞き方をぜひ実践したいと思いました。日頃子どもの話を聞き流してばかりだなあと反省しました。または、小言を返してばっかり…。黙ることから始めたいと思います。(30代女性)
  • 「自己肯定感」をなかなかうまく育むことができず、子育てしてきましたが、まだまだ遅くない!と思い、楽しんで子育てしていこうと思います!(40代女性)
  • 子どもへの接し方や対応を考えさせられる内容で本当によかったです。できる限り聞いてあげた気持ちが伝わるように努力したいと思いました。(40代女性)
  • 何度聞いても気づきがあり、日々実践していきたいなと思います。(30代女性)
  • 「自己肯定感」の大切さは頭ではわかっているものの、日常生活ではぶっ飛んでいる時も多々あります。でもこうやって何度も聞き、話し、振り返ることで、少しずつ自分の中に落ちていく感じがします。(40代女性)
  • 「ありがとう」を忘れず、子育てにがんばりたいと思います。(40代男性)

子育てカフェ 過去テーマ一覧

子どもの自己肯定感を育む「子育てハッピーアドバイス」
・今の子どもたちに足りないもの
・甘えさえてもいいの?
・やる気スイッチON!
・ほめ方、叱り方
・子どもの心を開く方法
・子どもと話し合おう
・そのまんまでいいんだよ
・甘えと甘やかしの違い
・「いい子」の落とし穴
・認めよう!聞こう!
・子どもが心を開く聞き方
・心に届く伝え方

おかあさんの自己肯定感を取り戻す
「おかあさんのためのハッピーアドバイス」

・わたしの自己肯定感をとりもどそう
・人生の悲劇は「いい子」から始まる
・わたしのすばらしさに気づこう!
・わたしはわたし。あなたはあなた
・あなたの夢を叶えよう!
・わたしを生きよう〜やっぱり自己肯定感!〜
・見つけよう!わたしのわくわくポイント
・自分への手紙