“学ぶと生きるをデザインする”とは?〜22年度のオリエンテーション〜


22年度は19名でスタートした中学部。入学と進級を祝う会を終えて、クラスでの活動が始まっています。

22年度スタート!〜入学と進級を祝う会!

箕面こどもの森学園の中学部で学ぶということはどういうことなのか、ということを伝えるオリエンテーションの時間を取りました。

 

今の中学部には小学1年生から通って中学3年生になっている人もいれば、去年度に途中入学してきてくれた人や今年度の新入生もいます。

そもそもこの学校はどういう学校なのか、ということもあまり知らない人が多いので、それを感じられる時間にしました。


開始前に早く多目的室に来た人から、足りない椅子をホールから持ってきてくれました。

こどもの森の学びは一緒に作っていくもの。場づくりもある程度は自分たちでケアします。

まずは真ん中に置いた添付のワークシートの白紙を取ってサークルに座ります。


今までは前にスライドを映して大事なことを伝えていましたが、今回はそれをやめて、プリントにある4つの問いをもとに、実際に場所を見ながら進めることを伝え、早速立ち上がってスタッフルームを抜けて廊下へ。

箕面こどもの森学園とは…?

廊下の壁の上の方には、箕面こどもの森学園の前身である「わくわく子ども学校」の頃の写真や今の校舎に移転してきた頃の写真があります。それを見ながら

「学校を創ろうと決めた人たちが集まって、最初は民家を借りて学校をやっていた」

「そこから当時は、今周りにあるマンションやお店なども、ほとんど何もなかった場所を見つけてきてここに校舎を建てた」

ということを伝えました。

 

そして多目的室を通って外の簀の子のところに全員並んで、校庭を見ました。ここに何もなかったことをイメージしました。

たまたま保護者の方が2人、校庭の掃除をしてくれていました。

「保護者も一緒にみんなで創っている学校」

ということがよくわかる風景でした。

 

「学ぶと生きるをデザインする」とは…?

そのまま中学部校舎の1階の図書室に行きました。

「この場所には木工の小屋が建っていて、中学部の校舎を建てるために取り壊した。この部屋は元々木工室になる予定だった」という話すと、

「木工室、あったよね」と小学部からいた人たちは懐かしく思い出していました。

結局木工室にはならなかったこの部屋は、当時の中学生たちが「図書室を作ろう!」と決めて、共同プロジェクトで図書室作りをしました。

図書館をつくろう!

そんな風に作られた場所です。

 

さらに、そこに飾られている木工作品を紹介しました。

「1期生の中学生が卒業プロジェクトで制作したもの。ずっとプロジェクトで木工に取り組んで、最後にプラモデルを木工で再現するというチャレンジをした作品」

「それぞれのやりたいこと、興味関心を大切に、それを形にしていこう」

最後の1年、自分に浸る (長期プロジェクト発表会)

 

今度は小学部校舎の3階にある木工室のところまで階段を上って行きました。

「ここは新しく木工室になった場所」

昔を知っている人は「それまでは普通の遊び場やったよな」とコメントしてくれました。

ここには、その彼が作った机もあるので、紹介しました。

高学年の部屋にある「こどもの森ルールブック」を、木工室に持ってきておいたので、それを見せて

「かつては全校生徒が20名ほどで今の低学年の部屋で全校集会をしていて、その時にスタッフの一人がそこで決まったルールを書く役をやっていた」

という話をしました。

ルールもみんなで作ってきたことを確認しました。

 

最後は多目的室に戻って、残りの「スタッフとは」「コクレオの森とは」について話しをしました。

 

スタッフとは…?


小学校1年生から通っていた人に聞いてみたいというと、それぞれの言葉で答えてくれました。

「対等な立場でサポートしてくれる存在」

というように表現してくれました。

確かに一般的な学校の先生とは違って、基本的にはフラットな立場で一緒に考えたり手伝ったり、サポートをする存在です。ただ、時には前に立って引っ張っていくような時があったり、一緒に並んで並走するような時があったり、任せて後ろから見守るような立ち位置にいることがあったりします。

 

コクレオの森とは…?

「コクレオ」の意味を知っているか問うと新入生の1人が「共に創る」と答えてくれました。

「自分を大切に」「人を大切に」を大事に共に創っていきたい。

また、森の中にあるわけではないのに、「森」なのはなぜか知っているか問いかけました。

そうすると、こどもの森が9年目になるメンバーの1人がばっちり答えてくれました。

「ひとりひとりが一本の木で、それが集まってみんなで森を作っている」

だからひとりひとりが大切な1人なのです。

更に最後には

「小学部に入った頃にそれを言われて、その時は意味がよくわからなかったけど、今は意味がよくわかるしとても大事なことだと思っている」

と語ってくれました。


最後に一人ずつワークシートに書いたことを、4項目から一つだけ選んで話してもらいました。

「スタッフはひとりひとりを尊重してくれる人」

「こどもの森はやりたいことができるところ」

「学ぶと生きるをデザインするのは周りの人と協力することが大事」

など、それぞれの言葉でこの日に学んだことを言葉にしてくれました。

↑スタッフが書いたもの

学校の歴史と今に触れ、自分の言葉で表現し、いろんな人が表現した言葉を聞くことができるような、素敵な時間でした。(J.S.)