認定NPO法人に寄付した場合の税制優遇措置について

個人の方または法人が認定NPO法人に寄附を行った場合は、次のような税制上の優遇措置が受けられます。(詳しいことは税務署にお尋ね下さい。)


1. 個人が認定NPO法人に寄附をすると、所得税の控除を受けることができます。所得のある方は税務署に確定申告してください。その場合、寄附金控除(所得控除)又は税額控除のいずれかを選択します。

A.所得控除
その年中に支出した寄附金の額の合計額から2千円を引いた金額を、その年分の総所得金額から控除できます。
 【算式】 寄附金控除(所得控除)額=寄附金の額の合計額−2千円

 (注1) 寄附金の額の合計額は、総所得金額の40%相当額が限度です。
 (注2) 同額の寄附の場合、所得額によって税率が異なるので税金の減少額が変わります。

 <所得控除を選択した場合の所得税の減少額>
 【計算式】
 所得税の減少額=課税所得×所得税率−(課税所得−(寄附金−2千円))×所得税率)
         (税率は、例1:10% 例2:20% 例3:30%) 
(例1)所得300万円の方が1万円寄附した場合、所得税800円が減少。
(例2)所得500万円の方が1万円寄附した場合、所得税1,600円が減少。
(例3)所得900万円の方が1万円寄附した場合、所得税2,400円が減少。

B.税額控除
その年中に支出した寄附金の額の合計額から2千円を引いた金額の40%相当額を、その年分の所得税額から控除できます。
 【算式】 税額控除額=(寄附金の額の合計額−2千円)×40%

(注1) 寄附金の額の合計額は、総所得金額の40%相当額が限度です。
(注2) 税額控除額は所得税額の25%相当額が限度です。
(注3) 同額の寄附の場合、所得の多少にかかわらず税金の減少額は同一です。

<税額控除を選択した場合の所得税の減少額>
  【計算式】 所得税の減少額=(寄附金−2千円)×40%
(例1)所得300万円の方が1万円寄附した場合、所得税3,200円が減少。
(例2)所得500万円の方が1万円寄附した場合、所得税3,200円が減少。
(例3)所得900万円の方が1万円寄附した場合、所得税3,200円が減少。  


2. 法人が認定NPO法人等に寄附をすると、一般のNPO法人に寄附した場合の一般損金算入限度額Aとは別に、別枠の特別損金算入限度額@が設けてられており、その範囲内であれば損金の額に算入することが認められます。

@ 認定NPO法人に対する寄附金に係る損金算入限度額
  (期末資本金の額×0.375%+所得金額×6.25%)×1/2

A 一般の寄附金に係る損金算入限度額
  (期末資本金の額×0.25%+所得金額×2.5%)×1/4

  ※所得金額=所得金額(当期純利益に税務調整をした額)+寄附金の支出額


3. 相続又は遺贈により財産を取得した人が、認定NPO法人にその取得した財産を寄附した場合には、その寄附した財産の価格が相続税の課税対象から除かれます。