Exif_JPEG_PICTURE

コリアNGOセンター訪問~韓国研修旅行に向けて~


この秋、11月15日(火)~25日(金)の日程で韓国に行き、韓国のオルタナティブスクール(代案学校)の一つ、ゼチョンガンジースクール(堤川ガンジー学校)を訪問し、交流する予定です。

 

その事前学習と、今学期のテーマ「差別~誰もが安心して暮らせる世界へ~」の在日外国人のことも含めて学んでいくために、コリアNGOセンターを訪問しました。

Exif_JPEG_PICTURE

コリアNGOセンターの事務所は、お店のある建物の上の方の階にありました。

Exif_JPEG_PICTURE

朝からシャッターを開けていただき、中へ。ハングルが書いてあるお菓子などがたくさん置いてあるお店を通って事務所の方へ向かいました。

 

事務所では事務局長の金(キム)さんが迎えてくれました。

Exif_JPEG_PICTURE

ひとりひとりの自己紹介に丁寧に耳を傾け、受け応えしてくださいました。

そして、コリアNGOセンターについて教えていただきました。

 

コリアとは高麗からきた言葉で朝鮮のこと、NGOとは非政府組織、つまり民間で運営しているということ、センターは中心の意味。

キーワードは「教育」「人権」「平和」「統一」そして「まちづくり」という幅広い分野で活動されています。

※具体的には民族教育、在日外国人の人権保障、共生社会実現に向けた教育・啓発、韓日市民・NGOの交流・協力、朝鮮半島の平和統一と東アジア共同体の形成など幅広い課題に取り組まれているそうです。(HPより)

コリアNGOセンターのHPはこちらです。

Exif_JPEG_PICTURE

平和ということに関しては、近現代の戦争はそれ以前の戦争よりも、とてもたくさんの民間人の命を奪っていて、それは大きな課題であるというお話がありました。

第二次世界大戦の反省を受けて作られた日本国憲法は、そういう観点からも「平和主義」という反戦の考えがしっかりと含められています。日本国憲法の三原則「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」についても確認しました。

また、兵器の強力化に伴って、大国が比較的小さい国に「代理戦争」をさせていて、朝鮮戦争もその一つである、という側面があったことも解説していただき、これまで学んできた朝鮮戦争のことを改めて整理できました。

 

日韓併合だけでなく、日台併合、満州国の占領など、いろんな歴史がありました。

日本人には、そのようなアジアに進出していった日本の歴史に詳しくない人もいて、それが韓国や他のアジアの方々を怒らせてしまうことになっている、ということ。

韓国に行ってお会いする、中学生と同世代の子どもたちの祖父母世代は、たくさん辛い思いをしている。

そういうことを知っておくこと。

 

そして、そのような歴史を学ぶことは、他の国を恨むためではなく、これからの未来に過去に起こった「過ち」といえる出来事を二度と繰り返さないように、歴史から学んでよりよい未来をつくっていけるように、ということなのだと教わりました。

 

ドイツのヴァイツゼッカーの「過去に目を閉ざす者は、現在もよく見えていない」というような言葉の紹介があり、歴史について改めて考えさせられました。

 

お互いが歴史を知った上で、大切になるのは「きょうどう」ということ

「きょうどう」には

共同

共働

協働

などいろんな漢字、その意味があります。

共同で考えて、共同で働き、共同で成果を分かち合う、そんな経験を積むこと。

そのためには信頼が必要で、それができていくと平和が実現できていくはず。

 

コロンブスの”新大陸発見”は西洋から見た捉え方。

大陸にもともと住んでいた人にとっては、コロンブスたちによる「侵略」だったのだろう。

そんな視点でも、物事が捉えられるように。

 

ひと通り話を聞いて、質疑応答を終えた後はお昼ご飯の時間。

近くのコリアンタウンに出かけてお買い物をすることにしました。

Exif_JPEG_PICTURE

ハングルで書いてある部分があったり、ハングルのパッケージの商品があったり…

Exif_JPEG_PICTURE

いろいろ見て回ったあと、買い物をしました。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

キムパプという海苔巻き、チャプチェ、ホルモンの入った煮物、ホットックなどいろんなものを見つけて買いました。

 

それを食べた後は、もう一度コリアンタウンに出かけていろんなリサーチをします。

Exif_JPEG_PICTURE

パッケージのハングルを読んだり

Exif_JPEG_PICTURE

200種類以上あると言われる、キムチの種類を調べたり

Exif_JPEG_PICTURE

神社に行って歴史を調べたり

Exif_JPEG_PICTURE

最後にワークシートにまとめ、今日の振り返りもしました。

 

韓国の歴史のこと、日本との関わりのことを知って改めて考え、異文化に触れる貴重な機会になりました。

 

コリアNGOセンターの皆さん、事務局長の金さん、ありがとうございました!

韓国でもたくさん学んできます。

(J.S.)

※中学部は現中学1年生と小学6年生(来年度から)であれば、ご入学できます。

ただ、定員がいっぱいの場合もありますので、詳しくはお問い合わせください。

tel:072-735-7676

mail:info@kodomono-mori.com

(担当:佐野)